インスタグラムはこちらBLOGはこちらFacebookはこちらLine@はこちらPinterestはこちら
     ヨリフジ建設に関するお問い合わせはお気軽に
    free0120-01-8511受付時間:月~日 9:00~18:00
blogBlog

ヨリフジのスタッフブログです。

スタッフブログ

常識的な家がもたらす結末とは?

たとえ注文住宅だったとしても

 

コスト重視で設計された家を建てる

 

となると、購入する敷地に制限を

 

受けることになります。

 

例えば道路が北、東、西に接している

 

土地を購入する場合、南側が川や公園だったり

 

敷地が南北に細長くない限りは、すぐ南に

 

家が建っている、あるいは建つことになるので

 

そんな土地で大きな窓を南につくったとしても

 

日当たりが悪くなるだけじゃなく、光がほとんど

 

家の中に入ってこなくなるからです。

 

また、その上、両隣に家が建っていたり

 

あるいは建つとなれば両サイドの光も

 

遮断されることになり、さらに薄暗くなり

 

朝からずっと照明なしでは過ごせない

 

家になってしまいます。

 

ですから、あなたがもし普通の家を建てたいと

 

思われているならば、日当たりの良さそうな

 

土地を狙って購入しなければいけない

 

ということになります。

 

しかしながら、日当たりの良さそうな土地を

 

購入したとしても、家の中が丸見えに

 

なってしまうという問題が待ち受けています。

 

窓を大きくつくればつくるほど、なおのことですね。

 

そうなれば、たとえレースカーテンを

 

ずっと締めっぱなしにしていたとしても

 

それでも周りから見られているような

 

気がして、なんだか過ごしにくい

 

リビングになってしまいますよね?

 

ですからこういった土地の場合

 

外構工事(庭の工事)に余分に予算を

 

とることで、出来るだけカーテンを閉めなくても

 

過ごしやすい家にする必要があります。

 

具体的には、塀や植栽を上手く利用しつつ

 

景観だけじゃなく防犯性に優れた庭の設計を

 

専門家にしていただく必要があるということです。

 

このようにすることで、そのような工夫のない

 

間取りでも、ある程度は住みやすい家に

 

改良することが出来るわけですが、それには

 

土地購入費用においても、外構工事費用においても

 

かなり余分な費用が必要になってくるというわけです。

 

とどのつまりが、家そのものを安く建てつつ

 

さらに土地や外構工事費用までケチってしまえば

 

薄暗くてジメジメしていて非常に住みにくい家に

 

なってしまうというわけですし、日当たりと

 

住みやすさの両方を確保しようと思えば

 

土地や外構工事費用が高くつくことになり

 

合計費用が高くなり、生活が苦しくなってしまいます。

 

家づくりの予算を抑えようと思えば、可能な限り

 

土地取得費用を抑えつつ、可能な限り

 

建築費用を抑えつつ、可能な限り

 

外構工事費用を抑えるようにしなければいけません。

 

そして、そのために最も大切になってくるのが

 

間取り設計です。弊社では、家事動線や収納といった

 

機能面に加えて、これらの要素を設計にしっかりと

 

取り入れることによって、土地取得費用を最大限に

 

抑えられ、かつ外構工事費用を最大限に

 

抑えられるようにしています。

 

もし、あなたがそのような住まいにご関心を

 

持ってくださったなら、一度弊社の住宅見学会に

 

来ていただければと思います。お待ちしております。


  • 『設計士と建てたお家』実績集
  • 無料設計相談会実施中
  • 見学会実施中 お気軽にご来場ください
  • お問い合わせはこちら
  • カタログ請求
  • SIMPLE NOTE
  • Standard Grid
  • WB House
  • Yorifuji Facebook Page
  • Yorifuji BLOG
  • Yorifuji Instagram Page
  • Yorifuji Line@ Page
  • Yorifuji Pinterest Page

Go Top