インスタグラムはこちらBLOGはこちらFacebookはこちらLine@はこちらPinterestはこちら
     ヨリフジ建設に関するお問い合わせはお気軽に
    free0120-01-8511受付時間:月~日 9:00~18:00
blogBlog

ヨリフジのスタッフブログです。

スタッフブログ

イメージと現実のギャップを埋めるための工夫

綿密に打ち合わせをしたつもりでも

 

出来上がる前と出来上がった後で

 

『あれっ?なんか思っていたのと

 

違うかも?』とギャップを感じることが

 

あるのが家づくりです。

 

 

せっかく広く作ったリビングが

 

気がつくとモノであふれ狭く

 

なってしまうというのも、非常に

 

多くの方が後悔しているポイントです。

 

 

打ち合わせ時点では、そうならない

 

ようにしているはずなんでしょうが・・・。

 

 

この原因は、収納が足りていないと

 

いうことと、子育て世代にピッタリ

 

フィットした間取りづくりがほとんど

 

なされてないといことではないでしょうか?

 

 

リビングに溢れる荷物のほとんどは

 

子供たちのものです。なのに、敷地に

 

ゆとりがあったとしても、子供たちの

 

部屋は2階につくるのが一般的ですし

 

もし仮にそうしたなら、1階に大きめの

 

収納を設けてあげれば、いくぶん

 

リビングの散乱が緩和出来るにも

 

関わらず、そういった配慮すら間取り

 

提案で行なわれていなかったりします。

 

 

そしてその結果、せっかく広くつくった

 

リビングには子供たちのモノを片付ける

 

ための収納家具が壁面に設置されて

 

どんどん狭くなっていくし、奮発して

 

購入したお洒落な食卓セットは、物置や

 

洋服掛けという用途に変貌していってしまいます。

 

 

コーディネートに関しても、イメージと

 

出来上がりに大きな差異が生まれるところです。

 

室内のコーディネートをしていく時には

 

実際暮らし出すと、カーテンが設置され

 

家具が置かれ、様々なインテリアが

 

飾られるということを想像しつつ

 

打ち合わせをしていく必要があります。

 

 

となると、家の床や壁や天井などは

 

出来る限り多色を使わず、スッキリ

 

まとめておく方が、家具やインテリアを

 

置いた時にそれらが非常に映えるように

 

なるし、家具やインテリアの買い替えや

 

模様替えなどもしやすかったりします。

 

 

ですから、弊社では基本的には室内の

 

カラーを2〜3色に収めていただくことを

 

推奨しています(コーディネイトは3色以内で

 

まとめるのが理想的だと言われていますしね)。

 

 

また、家具やインテリアなどがコーディネート

 

しやすいようにカーテンを出来るだけ設置しなくて

 

いいような間取りだったり窓の作り方を

 

するようにしています。

 

 

これに加えて、生活の中心となる

 

リビングダイニングキッチンを

 

いつもキレイに保ちやすくするために

 

収納や間取りの作り方に創意工夫を

 

凝らしているので、家具を必要以上に

 

ゴチャゴチャ置かなくてよくなり

 

統一感のない家具選びをしてチグハグに

 

なってしまうのを防ぐことが出来ますし

 

頭の中でイメージしていた明るくて

 

お洒落なリビンダイニングキッチンを

 

実際暮らしだしてからも維持しやすくなります。

 

 

ということで、出来上がる前に

 

頭の中でイメージしていた映像と

 

実際暮らし出してからの現実との間には

 

非常にギャップが生まれやすいもの

 

なので、その点にも注意しつつ家づくりを

 

進めるようにしていただければと思います。

 


  • 『設計士と建てたお家』実績集
  • 無料設計相談会実施中
  • 見学会実施中 お気軽にご来場ください
  • お問い合わせはこちら
  • カタログ請求
  • SIMPLE NOTE
  • Standard Grid
  • WB House
  • Yorifuji Facebook Page
  • Yorifuji BLOG
  • Yorifuji Instagram Page
  • Yorifuji Line@ Page
  • Yorifuji Pinterest Page

Go Top