インスタグラムはこちらBLOGはこちらFacebookはこちらLine@はこちらPinterestはこちら
     ヨリフジ建設に関するお問い合わせはお気軽に
    free0120-01-8511受付時間:月~日 9:00~18:00
blogBlog

ヨリフジのスタッフブログです。

スタッフブログ

無垢の床のメリットとデメリット

『無垢の床には憧れるけど、傷がつきやすいって

 

聞いたので普通のフローリングの方がいいかな?

 

と思っているんです・・・』という話を度々耳にします。

 

 

無垢の床の方が絶対に良いのか?と言われれば

 

無垢の床にももちろんデメリットは存在するので

 

必ずしも良いとは言い切れなかったりします。

 

 

■無垢の床のデメリット

 

 

『木によって価格が大きく異なる』

 

弊社が標準にしているパインだったり

 

杉やヒノキなどは比較的安価で手に入り

 

フローリングとほぼ同じぐらいのコスト

 

なのですが、オーク(ナラ)を選べば

 

パインの2倍近い価格になりますし

 

ウォルナットを選べば、パインの3倍近い

 

価格になります。このように、選ぶ木によって

 

価格にバラツキがあり、しかもその価格差が

 

大きかったりするのが無垢の床の特徴です。

 

 

『隙間が出来たり、反ったりする』

 

材料のグレードや木の種類によって多少異なり

 

ますが、夏の湿気が多い時期には膨張し

 

冬の乾燥した時期には収縮するのが

 

無垢の床です。そして、収縮すれば

 

隙間が生じ、そこにホコリなどが溜まるし

 

膨張すれば木と木のジョイント部分が

 

盛り上がり少し反ってきてしまうことになります。

 

 

『凹みや傷がつきやすい』

 

これも木の種類によって異なってくるのですが

 

パインや杉やヒノキといった柔らかい木は

 

凹みや傷がつきやすいでしょうし、逆に

 

オークやウォルナットといった硬い木は

 

フローリング同様に凹みや傷がつきにくい

 

でしょう。しかし、傷がついても分かりにくいし

 

凹んだりしても水を染み込ませれば元通り

 

とまでは言わなくても、ある程度修復させる

 

ことが出来るというメリットも同時に

 

持ち合わせているのが無垢の床です。

 

 

■無垢の床のメリット

 

 

『足触りがよく、足腰への負担が少ない』

 

パインや杉やヒノキといった柔らかい木は

 

フローリングに比べて足触りがよく

 

足腰への負担も少なくなります。小さな

 

お子さんや赤ちゃんがいらっしゃる方や

 

床でゴロゴロと寝そべりたい方には

 

うってつけの床材だと思います。

 

 

『色があせないし、表面がはがれてくることがない』

 

太陽の光をたくさん浴びたとしても

 

フローリングのようにそこだけが

 

変色するようなことがありませんし

 

フローリングのように表面シートが

 

ビローンとはがれてくるなことも

 

ありませんから、ほぼメンテナンスを

 

する必要もありません。

 

 

『夏場、床がベタベタすることがない』

 

湿気の多い夏場、フローリングは床が

 

ベタベタしてしまい、とっても足元が

 

不快になりますが、無垢の床なら床が

 

ベタベタすることがありません。

 

 

『足元が暖かい』

 

無垢の木は空気を含んでいるので熱を

 

通しにくいという特徴をもっており

 

そのおかげで足元が暖かく感じられます。

 

といっても、暖房がいらないほど暖かい

 

というわけではありません。ですが

 

寒い冬でも室温さえそれなりに暖かく

 

保っていれば、スリッパなしでも

 

過ごすことが出来るのも無垢の床の

 

良いところです。

 

 

個人的には無垢の床を貼った方が

 

圧倒的にお洒落だと思うので、もし

 

ここで挙げさせていただいたデメリットが

 

我慢出来そうならば、ぜひぜひ無垢の床を

 

採用していただければと思います。

 

 

 


  • 『設計士と建てたお家』実績集
  • 無料設計相談会実施中
  • 見学会実施中 お気軽にご来場ください
  • お問い合わせはこちら
  • カタログ請求
  • SIMPLE NOTE
  • Standard Grid
  • WB House
  • Yorifuji Facebook Page
  • Yorifuji BLOG
  • Yorifuji Instagram Page
  • Yorifuji Line@ Page
  • Yorifuji Pinterest Page

Go Top