インスタグラムはこちらBLOGはこちらFacebookはこちらLine@はこちらPinterestはこちら
     ヨリフジ建設に関するお問い合わせはお気軽に
    free0120-01-8511受付時間:月~日 9:00~18:00
blogBlog

ヨリフジのスタッフブログです。

スタッフブログ

窓について、このような勘違いをしていませんか?

窓本来の役割は光を室内にたっぷりと

 

採り込みかつ、風を室内に採り込むことです。

 

しかしながら、こういった窓本来の役割を

 

果たすことは案外難しく、実際に建てられている

 

多くの住まいが室内に光を充分に採り込めず

 

朝から照明器具の光に頼っているし、窓を

 

閉め切ってしまい風を採り込めなくなっているし

 

窓を通して自然を感じることもありません。

 

そしてその結果、当初の意図とは全く異なる

 

閉鎖的な空間になってしまっています。

 

 

光には、直射光と天空光の2つがあるのですが

 

弊社ではこの2つの光の利用方法に工夫を凝らしています。

 

 

直射光が当たって欲しいところといえば

 

洗濯物を干すところですよね?洗濯物を

 

乾かすのは“風”ですが、除菌は”太陽光”

 

ですからね。しかしながら、太陽が最も

 

当たるとされる南側のベランダに干すとなれば

 

毎日の階段の上がり下りは非常に面倒くさいですし

 

小さな赤ちゃんやお子さんがいらっしゃるとしたら

 

お子さんから目を離すことになるので、あまり

 

オススメ出来た動線ではありません。また

 

洗濯物でお洒落な外観が台無しに

 

なってしまうし、防犯上も決して良い

 

とは言えません。

 

 

太陽の直射光も当たりつつ風通しも良い

 

そして周囲から見えない位置に洗濯物を干す

 

スペースを確保すれば家事動線までも驚くほど

 

便利になり、家事の効率が大幅にアップします。

 

 

また、リビングへの直射日光は、けっこうウザい

 

ものです。なぜなら、眩しすぎてテレビが見にくく

 

なってしまうからです。また、直射光はとても暑く

 

たとえ冬だったとしても、窓越しの直射日光は

 

出来るだけ避けたいものです。

 

 

ですから弊社では、リビングでより快適に過ごして

 

いただくためにも、リビングには優しい光である

 

天空光を採り込むようにしていますし、直射光を入れる

 

場合でも、テレビが眩しくならないような工夫をしています。

 

 

ここ最近は、地域ごと、また季節ごと、そして

 

時間ごとの風の流れをシュミレーションした上で

 

窓をつくっていくようにしている会社が多く

 

なっていますが、これはつくった窓が開けられなければ

 

全くの“絵に描いた餅”状態になってしまいます。

 

 

弊社では基本的に、カーテンが必要ないような

 

窓の作り方をするようにしていますし、また

 

ガラス選びにも配慮するようにしています。

 

 

窓を多くつくれば家が明るくなるわけでも

 

風通しが良くなるわけでも決してありません。

 

また、窓を大きくつくれば家が明るくなるわけでも

 

風通しが良くなるわけでも決してありません。

 

その結果、アップするのは、窓を大きくし

 

窓を多くしたことによるコストだけです。

 

そしてその結果、ダウンするのが、耐震性と断熱性です。

 

 

ですから、良い家を少しでも安く建てるためにも

 

また、光と風がたっぷりと採り入れられ快適で

 

暮らしやすい住まいにするためにも、窓について

 

もう少し掘り下げて、真剣に考えてみて

 

いただければと思います。

 

 

大袈裟なようですが、窓1つで、あなたの

 

暮らしは大きく変わるものですから!

 

 

 


  • 『設計士と建てたお家』実績集
  • 無料設計相談会実施中
  • 見学会実施中 お気軽にご来場ください
  • お問い合わせはこちら
  • カタログ請求
  • SIMPLE NOTE
  • Standard Grid
  • WB House
  • Yorifuji Facebook Page
  • Yorifuji BLOG
  • Yorifuji Instagram Page
  • Yorifuji Line@ Page
  • Yorifuji Pinterest Page

Go Top